最新のコンピュータ管理システムで無人化を推進しています。

当社では、主に自動車部品の金属塗装を行っていますが、メーカーサイドのカンバン方式により、
高品質、短納期が求められ、一方では多品種少量生産が主流になってきています。
これら顧客ニーズに応えるべく、受け入れから出荷までの一体化した自動ラインを完成させました。
塗装ラインは、カチオン電着を設置。これに連結した自動搬送ラインはコンピュータ管理され、
各システムとオンラインで結ばれ、正確な出荷管理をします。



自動カチオン電着塗装装置

当社では、電着槽がオートスライド方式によりコンベアーライン上に移動す る装置で、カチオン電着塗装のラインを設備化しています。常に安定した品質を確保する為、防錆性及び塗膜の密着性を考慮し、15mに及ぶ脱脂工程、純粋洗、水切り乾燥炉の入口に設置されたセンサー(被塗物に残った水滴を感知し、ウォータースポットの発生を防止する)の採用。また化成皮膜工程で生ずるスラッジを自動除去するセパレーターの設置。かつ薬液加温では、スラッジが付着しやすいパネルヒーターを取り止め、当社独自のノウハウで対処しています。その他、克明なデータの蓄積、日頃のライン設備の保守、点検などを行い、更なる品質の向上に努めています。



出荷管理システム

製品の出荷をコンピュータで正確に管理します。また自動倉庫とも オンラインで結ばれ、 在庫管理もリアルタイムに把握できます。


検査室

当社では、高品質の製品確保を目指して、
品質管理には特に厳しい検査を行っています。


無人カー(AGV)

搬送管理システムに組み入れられ、材料を塗装ラインへ搬送、製品
を自動倉庫へ搬送するなど、従来はフォークリフトが使われていた
業務をコンピュータ制御された無人カー(2台)で代行させています。


搬送管理システム

塗装ラインで製品化された部品は、コンピュータ制御されたローラ・
コンベアー方式の自動搬送ラインで、指定されたセクションへ
運ばれます。また、無人カー(AGV)も搬送システムに組み入れら
れています。


員数管理システム

ローラ・コンベアーに組み込まれた計量器によりパレット上のの製
品を重量計算して、製品の個数を正確に算出し管理します。


自動倉庫

倉庫が幾層ものラックで立体的に構成され、工場内の省スペース化
が図られています。また入出庫業務もコンピュータ制御され、諸条
件に合わせてコンピュータがラックを選びだし、集配車により自動
的に搬入、搬出されます。

Copyright ¢ 2009 KANAYA TOSO Industrial place CO.,Ltd. All rights Reserved